むさしのブログ

Positive&Active&Creativeに日々を過ごしていきます

健康年齢を延ばすための5つの「M」とは? 最高の老後:「死ぬまで元気」を実現する方法はなんでしょうか。

 

こんにちは、むさしです。

 



「健康年齢を如何に長くするか。如何にしてイキイキと生活するか」をテーマとして生活しているむさしです。

 

たまたま本屋さんで手に取った

   「最高の老後 「死ぬまで元気」を実現する5つのM」

        著者:山田悠史  出版社:講談社

 と言う本を読んでみました。

 

[:contents]d

1,Mobility  「からだ」

2,Mind   「 こころ」

3,Medcations  「くすり」

4,Multi-complexity  「よぼう」

5,Matters Most to Me  「いきがい」

books.rakuten.co.jp

 

これらの現実をどうしたら変えられるか、最後の10年を人の助けを借りず健康に暮らすためにはどうしたらよいのか、その答えとなるのが「5つのM」です。

 

「5つのM」をまとめてみます。

1,からだ・・・身体機能を維持することが大切

   現状:65歳以上の約10人に1人は車椅子か寝たきり

 

 こうすれば最高の老後

    ・運動する・・・年齢にもよるが8,000歩/日程度歩く

            その運動が好きであることも大切

    ・歯の状態を保つ・・・定期検診を受ける

    ・足の状態を保つ・・・爪を切る、清潔にする

 

2,こころ・・・「認知症」にも「うつ」にもならない

             ようにするには

    現状:65歳以上の約5人に1人は「認知症

  

 こうすれば最高の老後

    ・運動すると「認知症」になりにくいかもしれない

    ・7時間程度の睡眠をとる(個人差がある)

       質の良い睡眠をとる工夫をする

    ・「うつ」予防法に劇的方法は無い

       心筋梗塞脳卒中等の血管に関係する持病を抱えた人の4割が「うつ」

       気味である

    ・自分なりの「リラックス法」を持っておく事、生活習慣病をしっかり治療す   

       る事が大切 

    

 3,くすり・・・薬を「最適化」する

     現状:65歳以上の約3人に1人は5種類以上の

                            薬を飲んでいる

 こうすれば最高の老後

    ・かかりつけ医、かかりつけ薬局を決める

    ・飲んでいる薬を正しく伝えて重複しない様にする

    ・薬で困ったことがあったら必ず相談する

    ・サプリメントはほぼ不要

        但し、やめられない重要な薬がある事を忘れな

 

 4,よぼう・・・病気を防ぐ、上手に付き合う

    現状:65歳以上の約5人に1人は少なくとも一つ

       以上の慢性疾患を持つ 

 

こうすれば最高の老後

       ・限界があるにせよ一般健康診断を受ける

       ・食生活に注意する。「食べる事の幸せ」を制限しない

       ・適量のアルコール、コーヒーは効果がある

 

 

5,いきがい・・・自分にとって何が大切か知っておく

    現状:死に直面している人の約10人中7人は   

         自分で意思決定が出来ない

 

こうすれば最高の老後

       ・あなたにとっての生きがいを大切にする

       ・残された時間をどう生きたいか「人生会議」で話し合う

       ・意思決定を代行する人を決めておく

 

 「歳だから」の言葉で思考停止させない事、

よく言われる「何かを始めるのに遅すぎる事は無い!」

 

この言葉を良く噛み締めて生活したいと思います。

 

参考記事です。

musashikomuriku.hatenablog.com

 

musashikomuriku.hatenablog.com

 

musashikomuriku.hatenablog.com

 

musashikomuriku.hatenablog.com

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。